AKB48の地域分散型スタイル

この記事は3分で読めます

AKB

今回は初の漫画・アニメ以外からの参戦です!

と言っても、「AKB49」という漫画があるくらいなので、

ほとんどジャンル的にはオッケーだと思っていますw

 

『AKB48』

 

日本中を揺るがした超スーパーアイドルグループ。

「会いに行けるアイドル」というコンセプトで、

秋葉原を拠点に、武道館ライブまで果たした知らない人はいない人気アイドルです。

——-スポンサードリンク——-

彼女らの活動は歌うだけのアイドルだけでなく、

ラジオ、ドラマ、CM、バラエティー、冠番組、AKBINGOなどなど、

メディア関係をすべて網羅した活動や、

視聴率がすごい選抜総選挙や、CDが有り得ないくらい売れる原因となる握手会まで、

活動の幅は今までのアイドルの枠を大きく外れた活動をしています。

 

これらを仕掛けた秋元康はカリスマですね。

 

今ではこのAKB48から派生して、

SKE48(名古屋)、NMB48(大阪)、HKT48(福岡)、JKT48(ジャカルタ)まで姉妹グループが生まれました。

 

更には、乃木坂やモモクロなどコアなアイドルグループが相次いで生まれ、

すでに一般人にはわからないくらい無数のアイドルグループが誕生し、

日本中がアイドルだらけになってしまいました。

 

 

基本的に需要と供給の関係からすれば、

モノが溢れれば、モノの価値は無くなる仕組みだけど、

一向に無くなる気配はないですねw

 

流石のAKBも主要メンバーが卒業して、

少し落ち着きが出てきましたが、

相変わらずの人気っぷりです。

 

このAKB48がもたらした経済効果は、

総選挙1回で250億円くらいらしいですw

 

もうやばいくらい経済を回しています。

 

 

AKB48のような仕組みを、

「ロングテール」と言います。

ながーい尻尾って意味ですね。

 

要は主要メンバーが一概に経済効果をもたらしているわけでなく、

メンバー一人一人が経済効果を生み出しているという意味です。

 

220px-Long_tail_svg

 

黄色い部分がロングテールです。

緑部分が主要メンバーの経済効果だとすると、

人気順位の低いメンバーや研究生もしっかり経済効果を生み出しているわけです。

 

メンバー一人一人にファンがいますからね。

握手会を開けば、人気の無いメンバーでも十分に経済を波及することができます。

 

これがAKB48のメンバーが多く、利益が上がるカラクリです。

 

今は、AKB48を中心にお話ししましたが、

アイドル業界全体を見てみると、

同じようにロングテール理論が成り立っています。

 

なので、今ではわけがわからないアイドルグループが次々に誕生している理由です。

業界の人間からすれば、とにかく数で勝負!!ってくらいの勢いで誕生してます。

 

しかも、コンセプト付アイドルグループです。

 

 

今回一番言いたいことはここです。

このコンセプト付アイドルグループの誕生が、

新しいアイドル業界の戦略と言っても過言ではないです。

 

例えば、

「釣り」をコンセプトとした『つりビット』

「仮面」を付けた『仮面スチームガールズ』

などなど一風変わったアイドルが出現してます。

 

これは何をしたいのかというと、

アイドルには興味はないが、釣りが趣味である人がターゲットになっているんです。

 

新規開拓

 

そういった人たちにアイドルへの興味を抱かせ、

経済効果を生み出す地域分散型スタイルに移行してきているんです。

 

 

逆を言えば、今アイドル業界は苦しいと取れることもできます。

 

そうやってアイドルに興味がない人までターゲットにするくらい飽和しているということ。

もしくは苦しいのではなく、よりアイドルを浸透させようとする魂胆が垣間見えます。

今までは本当にアイドルに興味がある人だけがファンになって経済効果を生み出すというのが普通でした。

 

変わりつつあります。

 

実はこの変遷はアイドルだけじゃなくて、

日本全体で起きています。

 

今の国家戦略として、地域分散型社会に移行しているんです。。

 

代表例としては、電源業界。

 

今までは大手地方電力会社(東電、関電など)が電力を取り締まっていましたが、

2012年にはFIT(固定価格買取制度)によって地方が電源を持つことに有利な法律が策定されました。

更には2016年には全面的に電力は自由化となります。

つまり、好きなところと電力契約することができ、

自分で安い発電所と契約することができます。

 

この地域分散型は国家レベルで起きてるということ。

アイドル業界ではすでに地域分散型が進行中。

 

そのいい例としてもう一つ証拠があります。

 

地方アイドルグループの誕生。

いわゆるご当地アイドル。

 

ゆるキャラなども同じことが言えますね。

 

 

マクロな視点で見れば、日本全体で地域分散型が進行していて、

ミクロな視点で見れば、アイドル業界で地域分散型が進行してます。

さらにミクロな視点で見れば、AKB48内で地域分散型が進行していますね。

 

 

これからはこの地域分散型スタイルで経済効果を波及する手段が主流となるでしょう。

 

応用して自分の活動に地域分散型スタイル考えた方を反映させてみてください。

きっと莫大な経済効果を生み出すことができますよ!

 

それでは!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

管理人:アニラボ!

初めまして、アニラボ!です。

現在27歳で何気に個人事業主として独立して活動をしています。

21歳の時、アニメと出会い、アニメと共に過ごして来た日常から、ビジネスや仕事へのフィードバック、思考や潜在意識へのフィードバックを繰り返し、仮想世界を3次元現実世界レベルまで落とし込んである程度好きなように生きています。

仕事とアニメ鑑賞の両輪を回して、生き苦しさの感じない日常を謳歌中です。

詳細は自己紹介をご覧下さい。 (準備中)

無料メールマガジン

【animationの超越】

アニメや漫画からわかりやすく潜在意識、ビジネスなど解説していき、アニメを超越した視点であなただけのライフをクリエイトする誰もやっていない無料メール講義を配信中。
不定期配信ですが、楽しみにお待ち下さい。

<animationの超越>
無料登録フォームはこちら

スポンサードリンク

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。