黒子のバスケ 勝利と予定調和の原則

この記事は3分で読めます

070b6e93

今日は脅迫事件でひとたび話題となった人気漫画の黒子のバスケの記事です。

アニメ化もされていますが、まだアニメは見てません。

漫画でも十分に楽しめる作品となってます!

 

22486807

——-スポンサードリンク——–

それでは、いつものストーリーの紹介をしましょうか!

 

主人公・黒子テツヤは、「幻の6人目(シックスマン)」と言われています。

 

物語は高校バスケなんですが、中学校の時、全国最強の中学校・帝光学園(帝光中)に通っていてバスケをしていました。

黒子の代は、まさに伝説クラスの選手がいて、「キセキの世代」と呼ばれて、黒子はその6人目ということ。

 

何故幻なのかと言うと、「ミスディクレクション」が使えるんですね。

先に言っておきますが、テニスの王子様のような(テニプリまでひどくないですが)能力系スポーツ漫画です。

 

それでミスディクレクションの話ですが、存在が消せます。

 

 

え?

 

 

もう一度言います。存在が消せます。

 

ゆえに「パッサー」ですね。パスがめちゃくちゃうまい。というか相手から存在を消すため、どこかともなく表れて味方さえもいつの間にかパスを受けているんです。もちろん、パスがめちゃくちゃ早いというのもあります。

 

 

納得いかないと思うので補足しておくと、マジックショーのトリックと同じ原理で相手の注意力を他に向けさせる技術で、黒子の場合自分の視線や動きなどで「目立つ」仲間に注意を引きつけて自分の存在を限りなく0にするんですね。

この場合、注意力を鍛えるには中立な視点で見るしかないですね。

 

人は注意力散漫(意味はあちこちに気が散ること)しがちなんですが、それを一つに集める能力がミスディクレクションですね。

 

 

そんな特殊能力満載の黒子ですが、もちろん主人公だけじゃなく大抵の人物が能力を持っていて、残りの5人のキセキの世代も同様に、相手の技をなんでも模倣する黄瀬、フリースタイルバスケで超運動神経が高い青峰、身長がデカくてそれだけで才能な紫原、コート上であればどこからでもシュートを打てる緑間(書いていて気づきましたが、全員「色」が名前になってますねw)

 

というような少し現実離れした漫画なんですが、やはり最近はこの手の漫画が流行るんでしょうね。面白かったです。

 

見ていて気持ちいいですよね。泥臭い感じが無く、パッとシュートが入って、パッと相手を抜いて。

 

テニプリとかも見ていて気持ちいいです。パパンっと試合が進みますから。

 

 

これは時代の変化ですよね。

 

当然昔も特殊能力系の漫画はあったんです。

魔方陣グルグルとかドラゴンボール、スレイヤーズとかね。

 

ドラゴンボールとかは能力バトルアニメ満載ですね。面白いです。

スカウターっていう能力値計算というか戦闘力を数値化する設定は斬新でした。

 

ただジャンルはファンタジーで、その枠からは絶対に超えてこなかったんです。

逆にスポーツ漫画と言えば、努力!!って感じの泥臭さがあって、青春!だとか熱血!って感じの漫画が人気になってました。

 

しかし、ファンタジーやスポーツ漫画が飽和してきて、どんどん風船ように大きくなって、やがて破裂しました。

 

そして、登場したのが、「スポーツ×ファンタジー」系の漫画が登場したわけなんです。

もちろんそれだけじゃないですね。

 

 

と言ったように、ある方向が飽和すれば、全く違う方向へと力のベクトルは方向性を変えてのがこの世の理です。

 

そんな黒子のバスケは「バスケ×ファンタジー」を混ぜてきましたが、

流石は特殊能力漫画です。

 

バスケ部創立2年目でウインターカップを優勝します。

(全国1位ってことですw)

 

有り得ないですw

 

決してバカにするわけじゃないんですが、逆にそれくらい強いと「安心」しちゃいます。

 

 

「あぁ、結構厳しい試合してるけど、どうせ勝つんでしょ」

ていうのはスポーツ漫画あるあるなんですが、黒子のバスケはその布石がはっきりわかってて、逆に清々しいくらいです。

 

めちゃくちゃ「安心」して読むことができる。

 

 

その「安心」を「予定調和」と言います。

 

この予定調和は黒子のバスケだけじゃなくて、至る所で利用されてます。

 

 

例えば、ハリウッド映画とかのアルマゲドンでもそうなんですが、終盤の小惑星を破壊するシーンとかはめちゃくちゃハラハラしますよね。

 

どうなるんだろうって思いながらも、「まぁこういう映画はきっと成功させて地球に帰還できるだろう」と心のどこかで思っているはず。

 

そうじゃなかったですか?

 

 

それで、いざ終わってみるとやっぱりちゃんと帰還できています。

ここでやっと「あ、やっぱり」と安心するんですね。

 

 

逆に帰還できなければ、観客は動転してしまい、なんか後味悪いような気持ちになっていたと思います。

それを評価するものもいれば、アンチもいて流行るかどうかは怪しかったものです。

 

黒子のバスケも読者を裏切らない勝利があるからこそ、今も大人気漫画なのかなと。

もちろん「価値ある敗北」ストーリーにすれば、敗北も読者の心を掴む漫画になると思いますが。

 

 

なので、アルマゲドンも帰還できなくともハリウッド映画クラスであれば帰還できないストーリーでもめちゃくちゃ流行っていたと思いますw

 

予定調和の使い方は最終的な着地点を決めておいて、いつもその着地点へストーリーを組み合わせていくだけです。

何度も繰り返していると、読者が着地点を意識し始めてくれます。

 

それでは!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

管理人:アニラボ!

初めまして、アニラボ!です。

現在27歳で何気に個人事業主として独立して活動をしています。

21歳の時、アニメと出会い、アニメと共に過ごして来た日常から、ビジネスや仕事へのフィードバック、思考や潜在意識へのフィードバックを繰り返し、仮想世界を3次元現実世界レベルまで落とし込んである程度好きなように生きています。

仕事とアニメ鑑賞の両輪を回して、生き苦しさの感じない日常を謳歌中です。

詳細は自己紹介をご覧下さい。 (準備中)

無料メールマガジン

【animationの超越】

アニメや漫画からわかりやすく潜在意識、ビジネスなど解説していき、アニメを超越した視点であなただけのライフをクリエイトする誰もやっていない無料メール講義を配信中。
不定期配信ですが、楽しみにお待ち下さい。

<animationの超越>
無料登録フォームはこちら

スポンサードリンク

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。