コードギアス反逆のルルーシュから学ぶ、学祭運営の成功法

この記事は4分で読めます

ギアス会長

さて、今回は大人気アニメ

「コードギアス 反逆のルルーシュ」からお届けします。

特に大学生は必見の内容です。

 

これは名作中の名作。

主人公・ルルーシュは、普通の学生?生活を送っていたのですが、

ひょんなことで「ギアス」という絶対服従の力を手にします。

 

頭は良いルルーシュはギアスをうまいこと利用し、

過去の清算をするため、

悪の化身となります。

 

果たして、本当に悪の化身なのでしょうか?

それは衝撃のラストまで見て頂けると、

本当に悪は誰で、正義は誰で、

真実はなんなのかめちゃくちゃ考えさせられる作品です。

 

是非ともanitubeなどで観てみてください。

 

 

それで、今回ピックアップするのが主人公のルルーシュではなく、

学校の生徒会長・ミレイ会長です。

 

え?なんで主人公を出さないのか?

 

また追々記事にしますので、ご安心をw

コードギアスは学ぶべきことがたくさん詰まっているので、

まずは漫画・アニメに存分に浸ることのできる大学生諸君にお伝えします。

 

 

大学生と言えば、勉強に部活、楽しいサークルに飲み会、

学祭にライヴなどなどキャンパスイベントは盛りだくさんです。

 

果たして素晴らしいキャンパスライフを過ごしているでしょうか?

はたまた、単位取得に苦しんでいるのでしょうか?

 

苦しんでいる方、頑張りましょうw

今頑張っておけば卒業の年が楽になれますw

 

 

さて、イベントがたくさんある中、大きなイベントである「学祭」

ちょうど学祭シーズンではないでしょうか?

 

もう何をするか決めましたか?

 

私が大学生の時は、

空手部による瓦割り体験(一枚100円w)、

ラジオ生放送(かわいい子がいたんですよw)

健康サークルによる体力測定(高校生時よりはるかに衰えましたw)

占い館(人生あなたに決められたくねーよw)

自動車部による試乗会(スポーツカーの席に座るだけw)

などなど個性的な出店がたくさんありました。

 

他大学の学祭ももちろん行き尽くしました。

 

やっぱり多いのは飲食出店ですね。

焼きそば、たこ焼き、シューアイス、フランクフルト、ポテトなど、

普通によくある飲食から、

一際変わったナジゴレン店までありました。

 

ちなみに私が所属していたサークルでは毎年焼きそばでした。

(利益率がいいそうw)

 

 

学祭は本当に楽しかったですね。

自由に食べ、自由に騒ぎ、自由に遊び。

人生の理想郷(ユートピア)みたいなものでした。

 

 

しかし、腑に落ちないのは、

何故みんながみんな、サークルがサークル

出店を出したがるのか?

 

 

これからはお話しするのは、

大学生であるあなたがこれから学祭に出店する、

もしくはどんな店を出したらいいのか迷っている人は必ず見てほしい。

 

そして、最高の学祭だった!と一生記憶に残る思い出を作ってもらいたいのです。

 

 

 

 

色々観察して考えた結果行き着いた答えは、

「利益」

でした。

 

 

当然、大学生程度が経営者として実際に店舗を構え、

集客し、販売するわけです。

 

経営者たる者、赤字を出すわけにはいきません。

打ち上げ費用に回すためもあります。

 

私はここが一番大きな間違いで、

学祭において絶対してはいけないことだと気付きました。

 

 

利益目的で出店はしないこと

 

 

全ての出店は利益中心に行動思案していました。

本来、店もしくは経営者がすべきことはなんでしょうか?

 

 

楽しませること

 

これに尽きるわけです。

大学生の全員がやっていないこと。

それはお客様を楽しませてあげることです。

 

稼ごう、稼ごうという思いは必ず相手に伝わります。

そのせいで売上が上がらないというのは当たり前です。

 

「あなたの店で、その商品を買うことで得られるもの」=「楽しい」

 

これを追及すべきなんです。

楽しませれば、その後に利益なんていくらでもついてきます。

 

楽しいは伝染する

 

「あそこのサークルが出してる店、めっちゃ楽しいよ!」

そう一人が呟けば、10分後には多くの人の耳にその情報が伝染しています。

つまり、バイラル(口コミ)が起きるわけです。

そうなれば、自然と欲しがっていた利益は上がります。

 

強引に売ろうとしなくても、ポンポン売れていくわけです。

この仕組みをすぐにでも作らなければいけません。

楽しいと感じさせることのできるアイデアを練ってください。

 

 

これだけなんですね。

 

それで今回、コードギアスのミレイ会長を出したのは、

ミレイ会長の名言にはこうあるからです。

 

 

「モラトリアムがあるうちは、楽しんでこーよっ!」

 

 

これがミレイ会長の口癖であり、打ち出してるコンセプトでした。

モラトリアムとは「融通」のことで、「学生時代」のことを指します。

その言葉の通り、アニメ中には楽しく学祭を運営するため、

様々な工夫を凝らしたイベントを用意し、

生徒全員を楽しませまくってました。

 

 

これを見本にしてもらいたいのです。

 

徹底した「楽しませる」達人です。

だから、人は付くし、学祭は大成功しているわけなんです。

 

 

これから、学祭に何か店を出そうと考えている方。
その企画は「お客さんを楽しませることができるのだろうか?」と自問してみてください。

 

 

もし、楽しませることができると思った方は、

必ず大成功を収めることができます。

 

 

是非、ミレイ会長のように「楽しむ」ことを徹底的にやってみてください!

 

それでは!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

管理人:アニラボ!

初めまして、アニラボ!です。

現在27歳で何気に個人事業主として独立して活動をしています。

21歳の時、アニメと出会い、アニメと共に過ごして来た日常から、ビジネスや仕事へのフィードバック、思考や潜在意識へのフィードバックを繰り返し、仮想世界を3次元現実世界レベルまで落とし込んである程度好きなように生きています。

仕事とアニメ鑑賞の両輪を回して、生き苦しさの感じない日常を謳歌中です。

詳細は自己紹介をご覧下さい。 (準備中)

無料メールマガジン

【animationの超越】

アニメや漫画からわかりやすく潜在意識、ビジネスなど解説していき、アニメを超越した視点であなただけのライフをクリエイトする誰もやっていない無料メール講義を配信中。
不定期配信ですが、楽しみにお待ち下さい。

<animationの超越>
無料登録フォームはこちら

スポンサードリンク

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。