キングダムのプチ神話の法則 その②

この記事は2分で読めます

320話12年51号巻頭

 

過去のキングダム記事はこちらです。

キングダムのプチ神話の法則 その①

 

またまた人気絶頂中のキングダムからお届けです。

神話の法則についてはいろいろな漫画から抽出しようかと思いましたが、

統一することにしました。

 

その方が理解しやすいだろうと思いまして。

 

 

それでは、今回の共感を得るための神話の法則は、

 

【主人公が断る】

 

というものです。

このシーンはたくさんありますね。

キングダムに限らずあらゆる活用されています。

 

キングダムで言うと、

主人公・信と秦国の大王・政が自国から追い出された

秦国の王座に座っている成蟜(政の異母の王弟)から、

王座を奪い返したとき、

政から信にこう言いました。

 

政「お前の今回の活躍なら、衛兵くらいにはしてやれるぞ?」

信「そんな退屈なことやってられかよ」

政「再び戦いは起きる。怠るなよ?」

 

と政はエールし、

信は功績によって自分で勝ち取ったオンボロな小屋生活を送ります。

主人公・信は魅力的な地位を断るんですね。

 

なんで断ったかと言うと、

自分がやりたくないことを断り、

やりたいことを突き進むと決めたからです。

 

同じようにあなたも人生において幾度も断る機会があると思います。

 

例えば、

就活でたくさん内定もらっている企業の中から行きたい企業を選ぶ時も、

大学でたくさん勧誘してくる部活・サークルの中からやりたいものを選ぶ時も、

父から店を継げと言われても、自分のやりたいことをやるんだ!って言うのと同じわけです。

 

極端に言いましたけどね。

 

だからこそ、人の心に響き、共感を得られるわけです。

 

 

 

 

キングダム極端ですが、

普通に考えてください。

 

あんなの断る人いますか?w

 

例えば、

毎日白ご飯とみそ汁の極貧の生活を送る自分が、

たまたま通りすがったおじいさんのお手伝いをしたら、

実はとある企業の会長さんで、

「是非ウチで働いてくれないか?役職も部長をつける」

と言われる。

 

給料も30万円、ボーナスもでる。

 

それでも断る人ってなかなかいないでしょうねw

今回のキングダムの話は極論でしたが、

様々なマンガに使われています。

 

 

よくよく注意して読んでみてください♪

 

 

それでは!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 王騎
  2. 9748
  3. キングダム
  4. kyoukai_2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

管理人:アニラボ!

初めまして、アニラボ!です。

現在27歳で何気に個人事業主として独立して活動をしています。

21歳の時、アニメと出会い、アニメと共に過ごして来た日常から、ビジネスや仕事へのフィードバック、思考や潜在意識へのフィードバックを繰り返し、仮想世界を3次元現実世界レベルまで落とし込んである程度好きなように生きています。

仕事とアニメ鑑賞の両輪を回して、生き苦しさの感じない日常を謳歌中です。

詳細は自己紹介をご覧下さい。 (準備中)

無料メールマガジン

【animationの超越】

アニメや漫画からわかりやすく潜在意識、ビジネスなど解説していき、アニメを超越した視点であなただけのライフをクリエイトする誰もやっていない無料メール講義を配信中。
不定期配信ですが、楽しみにお待ち下さい。

<animationの超越>
無料登録フォームはこちら

スポンサードリンク

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。