【モンキーターン】障害を切り抜ける方法

この記事は3分で読めます

名称未設定-4

今回は競艇と言ったら、モンキーターン!!からの記事となります。

名作でありますね!

 

本当に実在する競艇選手の名前を採用するなど、粋な計らいも。

競艇をはじめから学ぶにはもってこいの漫画です。

名称未設定-3

——-スポンサードリンク——-

モンキーターンは前述の通り、競艇の漫画です。

主人公・波多野憲二がSG選手を目指す成長漫画。

 

とにかくよくストーリーが作られてるなぁと感じます。

 

 

まぁどこで作られているか判断するのは、

ここの場面、自分だったらどうするのか?
という問いの答えがそれとなく示されていて、
解決策が分かりやすく書いてます。

 

 

(ここから専門用語、がんがん使いますw)

 

 

 

例えば、A級レーサーの小池さんに波多野が弟子に申込むけど断られます。

 

家へ出向いても、子供たちに野球を教えているところで子供の練習に付き合っても、一週間グラウンドの草むしりをしても断られます。

 

 

なので、波多野がとった行動は、
「水の上で決める」
ということで小池さんに勝負を挑みます。

 

 

おそらく小池さんも無理をわかって、
「連出来たら」(1着と2着と並んでゴール)
と言います。

 

 

当然、デビューしたての波多野がなんの戦略なしには無理だし、
まして競艇場は川の流れもあり難しいと来ました。
いわゆる障害ですね。
僕らも簡単には上手く事は成せません。
そこで波多野が取った行動は他の選手のレースを観察し、攻略法を組み立てていく。

 

 

いわゆる調査と試案。
何故この人は1着なんだろう?
何故難しいコースで上手く走らせれるのか?

そんな感じで調査して、こうしたらいいのだろうか?と試案していくと、攻略法が出てきます。
そしたら、後は練習。

 

 

ひたすら自分との敵(競艇場)との戦いですね。

いわゆるここも、
普段からやっている反復ですね。
出来るようになるまでひたすら繰り返す。
ブログが書けないなら、ひたすら書く。
上手く交渉が出来ないなら、ひたすら壁相手に練習してみる。

 

学校で習った通り、普段からやっていることと同じです。
そして、勝負の時。

 

 

 

 

 

波多野は何度も練習してきた作戦を実行し、
小池さんと並ぶ。

 

ここまでは小池さんも何度かレースを見ていたため、波多野の作戦が上手くいくことはわかってました。

 

 

 

やはり勝負は勝負。

 

弟子がどうのこうのは関係なく、
後は自分達のプライドをかけた1着取りの勝負です。

 

 

 

小池さんの得意とする並走+当たり。
途中、「儂には勝てまい」と言っているかのようにニヤっとします。

 

 

その思惑を全力で受けとめ、
後は実力ですが、研修中に1度だけみた技を決めて見事波多野1着、小池さん2着で見事障害を乗り越え弟子入り出来ました。

 
と言うように、
今回は一例だけですが、
分かりやすく解決策が読み取れるわけです。

 

 

 

今回は「障害に切り抜ける方法」と言ったところじゃないですかね。

比較的普通と感じませんでしたか?

 

私の表現力が弱いかもしれませんが、やることは簡潔。

 

 

「調べる」⇒「戦略を立てる」⇒「実行する」⇒「臨機応変に対応する」

 

 

臨機応変に対応するためにも普段からの反復練習が大切ですね。

 

 

というように比較的簡単であり、難しくあります。

ほんの一例にすぎませんが、障害はこうやって切り抜けていきます。

 

 

 

まだまだ紹介したいところです。
多分、これが活字だったら、
分かりにくいんだろうなと思います。

分かっても表面的にしか捉えれず、
いざというときは忘れていると思います。
人は何かと連動させた方が記憶に残りやすいと言われてます。
私も道を覚えるときとかは建物と連動させることが多いです。
あの建物があるから、
今はこの辺走ってて、
あっちに行ったら目的地付近だな!
って感じ。
話は反れましたが、
要するに漫画で覚えるのが楽です。
だから、漫画は娯楽ではなく、立派な参考書です。
ただ、読むときは展開と何かに使えないか?など考えながら読むのがポイントですね!
今日も漫画から新しい視点を手に入れました。
昨日より一段成長でき、また一歩前進です。

 

 

この一歩一歩が大切で、
決してショートカットはないですから。

 

 

それでは!

 

——-スポンサードリンク——-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

管理人:アニラボ!

初めまして、アニラボ!です。

現在27歳で何気に個人事業主として独立して活動をしています。

21歳の時、アニメと出会い、アニメと共に過ごして来た日常から、ビジネスや仕事へのフィードバック、思考や潜在意識へのフィードバックを繰り返し、仮想世界を3次元現実世界レベルまで落とし込んである程度好きなように生きています。

仕事とアニメ鑑賞の両輪を回して、生き苦しさの感じない日常を謳歌中です。

詳細は自己紹介をご覧下さい。 (準備中)

無料メールマガジン

【animationの超越】

アニメや漫画からわかりやすく潜在意識、ビジネスなど解説していき、アニメを超越した視点であなただけのライフをクリエイトする誰もやっていない無料メール講義を配信中。
不定期配信ですが、楽しみにお待ち下さい。

<animationの超越>
無料登録フォームはこちら

スポンサードリンク

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。